ペアガラスに交換

先日、さいたま市若槻区のお客様よりガラスが割れてしまったので交換してほしいというご依頼のお電話をいただきました。
お客様のお子様が誤ってボールをぶつけて割ってしまったとのことです。
お電話をいただいて、その日のうちに状況を確認しにお客様の元へ出向かせていただきました。
割れた窓ガラスは一枚でしたが、交換の際にもっと良い窓ガラスはないか、とのご相談を受けました。

そこで、お取り寄せに少々時間はかかるものの、内側から熱を逃がしにくいペアガラスにしてはどうかとご提案させていただきました。
ペアガラスは単板ガラスに比べて保温機能が高く、また外気を遮るため、夏場は涼しく冬場は内側の暖かさを逃がさない造りになっています。また結露しにくいといった利点もあります。

ただしペアガラスはどうしても納期がかかってしまうため、お急ぎのようでしたら単板ガラスですぐに交換作業をさせていただくとお伝えしたところ、どうせならばこの際良い物に変えたいと仰っていただき、他の窓もまとめて交換することになりました。
後日商品が入荷次第お客様宅に伺い、ペアガラスに交換させていただきました。

お客様もご満足していただけたようで、当社としてもおすすめして良かったと思います!

トイレの割れた曇りガラスを交換

さいたま市岸町のお客様から「トイレのガラスが割れてしまったので交換して欲しい。」とお電話を頂きました。
ガラスはどこが割れても困るものですが、場所的にトイレほど早く直したい場所はないと思われます。危険なのでガラスには近寄らないことをお願いして、早速現場に向かいました。

到着すると、奥様の横で10歳くらいの男の子が、神妙な顔で立っていました。「ガラスの近くでふざけてはいけない」と日頃から言われているにも関わらず、裏庭で虫を追いかけて棒を振り回し、トイレの窓にぶつけてしまったそうです。
かなり怒られた様子が見て取れ、とにかく早く交換してあげようと、まずは飛び散ったガラスの片付けを済ませ、交換作業に取り掛かりました。

幸い、割れたガラスは一般的に流通している曇りガラスです。同タイプのガラスがご希望でしたので、同じ形状の曇りガラスと交換しました。
作業自体はあっという間に終わり、奥様の顔も少し優しくなったようでした。「あなたも一緒にお礼を言いなさい。」と促されて、男の子も「ごめんなさい。ありがとう。」と消え入るような声で言ってくれました。

かわいい「さようなら。」に見送られて、本日も無事作業を終了することが出来ました。ガラスのトラブルの際は是非お電話下さい。

割れたお風呂のガラスを交換

ガラスの片側表面に模様が入ったガラスは型板ガラスと言い、視線を遮りたい場所などに用いられています。明るさを保ちながらも外から見えない、大変便利なガラスです。家庭では浴室やトイレ、洗面所などに使用されています。

この型板ガラスも不注意で割れる事があります。随時、型板ガラスのご用意もありますので、お困りの際には早急の対応が可能です。
先週も、さいたま市盆栽町にお住いのお客様から「お風呂のガラスが割れてしまったので、交換して欲しい」という型板ガラスの交換のご連絡がありました。何でもお風呂の窓の外に“よしず”を掛けるため、引っかけにするクギを打っていたそうです。使っていた脚立の足元がぐらつき、持っていた金槌がガラスに当たって割れてしまったそうです。

なるべく早く交換して欲しいというご希望もあり、即日にお伺いする旨お伝えしました。
お伺いする前に、型板ガラスである事を確認。またガラスの模様をお伺いすると、均一な模様が入った一般的なもののようでした。
メーカー名などは分からないため、似たタイプのガラスを数枚お持ちして、検討いただくことにしました。

ご自宅にお伺いし持参した型板ガラスと比較すると、ほぼ同種の模様がありました。
比較していただくと、即答でご了解いただけましたので、その場で交換作業を行いました。ガラス交換した事が分からない程の違和感のない仕上がりに、大変満足いただけたようでした。
ありがとうございました!

このページの先頭へ