窓の補助錠で安心生活

玄関の鍵を頑丈で防犯性の高いものにしても、窓は意外と盲点であることが多いもの。
そもそも、窓の鍵をきちんと施錠していますか?
出かける時でも窓の鍵は忘れる、果ては窓を開けっぱなしで出かける・・・
こうした無用心な行為は、見られていないようで、実は見られています。空き巣に目をつけられないように、窓の防犯もしっかりと行いたいですね。
そこで、今回は窓の防犯性を高める補助錠について、どのようなものがあるのか、そして、どこが利点であるのかを見ていきたいと思います。

どうして補助錠が効果的なの?

補助錠は、それほど頑丈そうには見えません。それなのになぜ、取り付けると防犯に効果があるのでしょうか。
それは、空き巣は侵入に時間をかけることを嫌うからです。せっかく窓ガラスに穴をあけ、クレセント錠を開錠できても、窓が開かないと空き巣は焦ります。補助錠を開錠するためにもう一箇所穴をあけるということはあまりしません。
補助錠をつけることではガラス破りを防ぐことができなくても、空き巣の侵入までに時間を稼ぎ、侵入をあきらめさせることができる可能性を高めるのです。

取り外しできる補助錠なら美観を損なわない

窓の設置時にはじめから補助錠の備えられた窓もありますが、後から補助錠を取り付ける場合は、貼り付けて常置し、つっかえ棒として機能するタイプのものと、使用時にはめて使うタイプのものがあります。
貼り付けタイプのものは常に窓ガラスの枠についているので、窓周りの美観を気にされる方は避けたいことでしょう。
その場合は、使用時にだけ取り付け可能なタイプのものを選ぶことをおすすめします。
この補助錠は、サッシにはめ込み、つまみを回すと引き戸を固定できます。窓を途中まで開いた状態でも固定できますので、夜間に少し窓を開けておきたい場合に便利です。

置き場所に困らない、常置タイプの補助錠

窓に付属品がついていても気にならない方は、いちいち取り付けなくて済む常置タイプの補助錠の方が、手間がなくて便利かもしれません。
常置タイプのものは厚みがないので、錠をつけたままで窓の開け閉めができます。
多くは、使用時に錠のプレートを起こしてつっかえ棒のように窓をロックします。
錠の裏面の両面テープで窓枠や窓ガラスに貼り付けるだけのものが多く、値段も手ごろです。
窓を閉めると自動的に鍵がかかるようになっているものもあり、たとえクレセント錠の施錠をし忘れても安心です。

クレセントそのものに施錠することで防犯

前述したような補助錠の他に、窓に既についているクレセント錠に鍵をかけるための補助錠もあります。
空き巣は窓ガラスに穴をあけ、その穴から手を差し込んでクレセント錠をまわして開錠します。この補助錠は、クレセント錠自体にロックして時間を稼ぐための防犯グッズです。
一般的なキー(鍵)で回して施開錠するものと、電子ロックのものがあり、どちらも穴あけをせずに取り付けられますので、賃貸の物件でも安心して使用できます。
電子ロックタイプのものは、クレセント錠の上部にとりつけ、クレセントのつまみを固定します。キーを差し込んで回すタイプのものは、鍵とクレセントが一体化しており、つまみの中心部を固定してクレセントが回らないようにします。

クレセントを隠して、開錠できなくする

クレセント錠を囲うように取り付けてクレセント錠を外部から見えなくする補助錠もあります。
外出時などに、クレセント錠を施錠した後にロックのカバーを下ろし、補助錠についている鍵(つまみ)を回して施錠し、つまみを取り外します。
クレセント錠を覆ってしまうので、外部からクレセント錠を回すことができなくなります。
他の補助錠よりも取り付けに少し手間がかかりますが、クレセント錠を保護するのに適した錠です。

まとめ

補助錠は、住宅事情を鑑みて簡単に、傷をつけずに取り付けのできるものが多く出回っています。
網戸に施錠できるものもあります。網戸は取り外しが簡単ですので、一瞬開くのを留める程度ですが、夜間窓を開けて寝ている場合などにこれを用いれば、網戸を開く際にガタガタと音がしますので用心になります。
さまざまな補助錠を活用して、窓の防犯性を高めましょう。

このページの先頭へ