窓の事故はこう防ぐ

マンションの窓やアパートのベランダなどから、小さな子どもが転落する事故がニュースでたびたび報道されます。
たとえ一階の窓から転落したとしても、子どもにとっては窓の高さは結構なもの。大けがや死亡といった事態につながることもあります。こうした事故を未然に防ぐにはどうしたら良いのかを検証してみましょう。

親が目を離した隙に転落

子どもの転落事故のほとんどは、親が目を離した時に起きています。転落した音で事故に気づいた、という場合が多いのが実情です。
シビアかもしれませんが、幼い子どもから目を離してはいけない、ということです。
現代の住宅は多くが2階屋以上です。また、家の周りは舗装されていることが多く、平屋建ての家屋の縁側から庭の草むらに転がり落ちるのとはわけが違います。

物によじ登れるようになったら注意

小さな子どもが窓辺に立ったとしても、通常であれば窓枠を乗り越えることはできません。
それならば、なぜ小さな子どもの転落事故が起きているのでしょうか。
転落事故の現場の多くは、窓辺やベランダに、足がかりになるものが置かれていました。
ある事件ではベビーベッドが窓にほとんどつくように置いてあり、そこから窓に乗り出して転落しました。
あるベランダからの事故では、クーラーの室外機を踏み台にしてベランダの柵を乗り越えてしまいました。
大人の目線では、窓枠の高さやベランダの柵の高さは、子どもが乗り越えられるものとは思えないかもしれません。しかし、子どもは目的を達するために周りにあるものを利用することができます。まだつかまり立ちしかできない子どもでも、突然ソファによじ登ったり、椅子を伝ってテーブルに上がることがあるのです。

とはいえ、一時も目を離さないのは難しい

子どもの行動を、一時も目を離さずに見守るのは無理でしょう。家事や用があってほんの少し席を外した瞬間に起きた事故もあるはずです。
それでは、どうすれば事故を防げるのでしょうか。
まずは、窓の近くやベランダに、子どもが踏み台にできるものを置かないことです。
ベビーベッドはいつも自分がいる場所から目につきやすいところに置く、窓のある部屋に子どもを近づけない、など気を配ります。
1番簡単なのは、ベビールームのようなサークルを利用することです。
自分が子どものそばを離れなければいけない時は、ベビールームに一時子どもを入れ、外から鍵をかけましょう。
ずっと閉じ込めておくのは良くないですが、たとえばトイレに立つとき、食事の支度をする時などは、子どもをおもちゃと一緒にベビールームに入れておくことで安心して離れられます。

窓は必ず鍵をかける

ベビールームを利用するのが難しい場合は、転落のおそれのある窓を閉め、施錠します。
網戸だけしか閉まっておらず、そこに手をついて向こう側へ落ちたという事故もあります。
また、子どもが少し大きくなり、鍵を開けられるような場合は補助錠を設置しましょう。
動き回れる子どもから目を離す時に普段のように窓や鍵を開けておくのは無用心です。

ひと部屋に留まらせる工夫をする

子どものいる部屋を区切り、他の部屋へ行かせないようにしておくのも良いでしょう。
窓を閉めて鍵をかけ、家具などで窓を塞いでしまっても良いかもしれません。
部屋の入り口にはベビーガードを設置します。
これで、いつの間には子どもが移動して窓を開けていた、といった事態は防げるでしょう。
断っておきたいのは、子どもを隔離することを推奨しているわけではない、ということです。
あくまでもこれらは、どうしても親が目を離さなければならない時に事故が起きることがないように、という予防策です。

まとめ

危険意識は、成長するに従い少しずつ芽生えていくものです。小さなこどもにとって、窓の外は好奇心の対象。危険だと思っているのは大人だけなのです。まさか、と思うような行動に対する注意が必要です。
窓周りのことだけでなく、子どもの遭遇する危険に対する予測を立て、予防策を講じるようにしましょう。

このページの先頭へ