冬場の窓際の寒さ対策

暖房でどんなに室内を暖めても、窓際はひんやりしていることが多いもの。
それもそのはず、ガラスは熱伝導率が良いため、外気の冷たさを室内の空気に伝え、窓ガラスに接した室内の空気をどんどん冷やしてしまうのです。
冬場の窓辺の寒さは、隙間風などによるものではなく、他でもない窓ガラスのせいなのです。
それでは、どうしたら窓際の寒さを改善できるのでしょうか。窓ガラスを変えるだけでなく、大がかりな改修の必要のない寒さ対策についてご提案します。

カーテンを交換してみよう

1年中同じカーテンを使っていませんか?
実は、カーテンにも断熱性・防寒性の高いものがあるのです。
防寒性の高いカーテンは、室外の温度で冷やされたガラスの冷たさを室内に伝えず、暖房の効率を上げてくれます。また、窓辺のひんやり感をやわらげてくれるので、窓の傍で過ごす場合も快適です。
高断熱のカーテンは、冬場だけでなく夏場も活躍します。
防寒性と断熱性を兼ね備えたカーテンを選べば、夏も冬も省エネが実現して、お財布にもやさしいですね。

特別な性能のないものでも・・・

特別な性能のないカーテンでも、ちょっとした工夫で窓辺のひんやりを改善することができます。
冬場のカーテンを選ぶときは、厚手で長めのものを選びましょう。
普通カーテンは床につかない長さのものを選びますが、カーテンの裾が床につくことで床とカーテンの隙間からの寒気を防ぐことができます。
窓ガラスと室内の間をきっちり遮断することで、窓周りの温度がぐっと変わってきます。

窓ガラスにシートを貼ってみよう

窓ガラスに断熱シートを貼るのも効果的です。
窓の熱伝導を遮り、室内の暖かい空気を外に逃がさず、室外の冷たい空気が室内に流入することを防ぎます。
シートにもいろいろありますが、大きな面にきれいにシートを貼るのは意外と難しいので、貼り直しのできるものを選ぶのがおすすめです。
廉価なものは性能も少し落ちますが、シートを貼るのと貼らないのとでは大きな差がありますので、お手ごろな価格のもので試してみても良いでしょう。
断熱シートには寿命があり、劣化したものでは性能が劣りますので、シートを貼っているのにあまり変わらないと感じるようになったら新しいものに交換しましょう。

予算に余裕があればガラスを交換

もしも金銭的に余裕があれば、ガラスをペアガラスに交換しましょう。
ペアガラスは2枚のガラスの間に空気の層を挟んだもので、断熱性に優れています。また、最近では2枚のガラスのうち1枚を金属コーティングし、遮熱断熱性を高め、紫外線をカットするような高機能のものもあります。
ペアガラスは冬場のみならず夏場の外気の熱を遮断し、冷房効率を上げる効果もあります。
冬場では冷気を遮断するため屋内側に発生する結露の予防にもなります。
ペアガラスは従来の1枚ガラス用のサッシでは取り付けができませんので、専用のアタッチメントが必要となります。

さらに、ちょっとした工夫でより快適に

冬場で特に冷え込みがきついのは深夜から早朝にかけてです。そこで、夜間は雨戸を閉めると寒気をある程度遮断でき、夜間の室内の冷え込みを防ぐことができます。
また、昼間はカーテンを全開にし、太陽の熱を室内に取り込むことも大切です。昼間のうちに思い切り部屋を暖めておき、夕方冷え込み始める前に雨戸を閉め、外気を少しでも遮断するようにします。
昼間カーテンを閉め切っていると1日中室内はひんやりしていますので、暖房効率が悪く少々もったいないですね。
また、窓際の寒さケアと共に床からの冷気も遮る工夫をしましょう。これにより、窓辺でも快適に過ごすことができます。

まとめ

冬場は窓際の悩みがたくさんあります。結露や結露によるカビ、そして窓辺の寒気。
結露は窓の内側と外側の温度差を小さくすることで軽減されます。
窓ガラスを断熱性の高いものにすることで結露によるカビ対策としても有効です。
ちょっとした工夫で室内の暖かさが格段に向上しますので、簡単なものからトライしてみましょう。

このページの先頭へ