窓を中心とした防犯対策

泥棒は窓から。むかしのアニメなどでは良く見ましたが、昨今ではピッキングが世間を騒がせたため、空き巣は玄関から侵入すると考えている人も多いのではないでしょうか。
ところが、空き巣の実に70パーセントが窓から侵入しているのです。
なぜなら、玄関にくらべ窓に対する防犯意識が薄いから。あなたは空き巣を喜ばせていませんか?
窓に関する防犯知識のあれこれを伝授します。早速実践して、空き巣の侵入を防ぎましょう。

窓が狙われやすいその理由

防犯意識が低い

玄関の鍵をきちんとかけるのは当たり前。しかし、窓の鍵をかけずに出かけてしまう人は意外に多いもの。さらに、高いところにある窓だからと、開けっ放しにしている場合もあります。
人の手の届かない窓なら安心ですか?そんなことはありません。二階の窓であろうと、空き巣は足がかりになるものを伝って簡単に侵入してしまいます。
また、たとえ人が家にいたとしても、誰もいない部屋の窓は閉めるべきです。
特に一戸建てでは、二階に人がいる場合一階の玄関も窓も施錠しないことが多いですが、これも危険です。
そして、外出の際は、家中の窓や扉を閉め、施錠しましょう。

通りから死角になる窓が多い

空き巣の侵入口として狙われるのは、人の目が届かない窓です。
窓は玄関のように必ず通りに面して設けるものではありません。中には、トイレや浴室の窓など、人の目を気にする必要がない場所に設けたい窓もあります。
また、一戸建ての家の場合は、庭木や塀、物置などの遮蔽物がある場合が多く、これらは空き巣が身を隠して作業するのにとても都合の良いものです。
アパートなどの集合住宅では、ベランダの目隠し板などが死角を作り出します。
可能であれば、窓や扉のまわりに死角を作らないように物を配置するべきです。

窓にひと工夫。侵入しにくい窓にする

空き巣は窓ガラスのクレセント錠の近くに穴を開け、そこから手を差し入れてクレセントを回して窓を開ける方法を用いることが多く、ガラスを割る際にほとんど音がしません。
このようなガラス破りは、おそるべき短時間で行われます。
つまり、ガラス破りに時間がかかるようにすることで侵入をあきらめることが多いのです。

防犯フィルムでガラスを割れにくく

窓ガラスに防犯フィルムを貼ると、ガラスが割れにくくなります。ガラスにひびが入っても、手を入れるための穴を開けることができなければ鍵は開けられませんので、ガラス破りによる家屋への侵入を阻むことができます。

補助錠を活用して侵入を防ぐ

補助錠とは、もともとあるクレセント錠の補助的に用いる鍵のことです。
特別な工事などは必要ないため、賃貸でもすぐに使うことができます。
補助錠にはさまざまなタイプがありますが、一般的なものは、ねじで固定するシンプルな機構のものです。
サッシにはめ込み、窓を開かないように固定します。
これは、夜間に窓を開けて起きたい場合などの防犯用にも便利です。

ガラス交換時に防犯性の高いものに

もしもガラスを交換する予定があれば、防犯性の高いガラスを選ぶことをおすすめします。
防犯性が高い、というのは、先に述べたガラス破りに対する強度のあるもの、ということです。
販売されている防犯ガラスは、合わせガラスという、2枚のガラスの間に樹脂膜を挟んだものと、防犯エコガラスという2枚のガラスの間に空間を持たせたガラスの2通りがあります。どちらにも防犯用の樹脂膜が圧着してあり、この樹脂膜の厚さにより防犯性の高低があります。

まとめ

玄関の鍵を防犯性の高いものにするのなら、窓にも防犯性を持たせましょう。
窓ガラスの交換が難しいなら、防犯フィルムを、それも難しいならまずは補助錠から。
窓の施錠を忘れないだけでも全然違います。
空き巣が窓から入るのは、窓の鍵のかけ忘れが多いからなのです。
窓への防犯意識を高め、空き巣を撃退しましょう。

このページの先頭へ